オットー高岡の我流天晴

フリーデザイナーオットー高岡のページ。我流もいつかあっぱれに。
わたしは誠実だろうか
そう問い続けること
希望をもって
<< ゆめゆめ | main | あの夏の屋上へ >>
あふたーアフターショックしょっく
毎日、熱い。
全身が、水分の濾過器と化していて
お茶やらコーヒーやらせっせと口から入れて
汗にして全身から排出するのくりかえし。

アルコールだったら、ついでに熱も出す。
飯を食ったらうんこになって、うう〜ん
これは、単なるうんこ製造機械だなあ。
せめて、アルコールの熱を電気にかえて世の中の役に
たてないモンだろうか。

おっとーです

なんか、そんなようなお芝居、というかリーディングを見て、
役者の迫力とか、演出の迫力とか、脚本の迫力とか
とにかく迫力に圧倒されて、なんか、怖い怖いとおもって、
これは、とにかくビールを飲まねばならんと、
一人居酒屋。しかし、カウンターの席しかない地元感あふれるお店で
あたしはひとり。

だめやん。これだめやん。

劇中で、最後に歌っていた歌が、頭の中でヘビーローテーションする。
いや、あの歌って、べたべたの恋愛の歌だと思ってたんだけど
あれほどまでに、祈りの歌になるとは思ったことがなかった。
やっぱり、歌うことは祈ることだったんだ。

藤川球児がなんとか1点を守りきったところで、
居酒屋をでて、家に帰って飲み直しました。

このところ、
あたしはずいぶんだめな酒飲みになっている。
先月のことだが、しこたまのんで
なんとか家にたどりついたのはよかった。
酔っぱらっていても、あたしはちゃんと出来る子なんだというところをみせようと、
ぐらぐらしながらも、お風呂へシャワーを浴びに行く。
家族はみんな寝ているけれど、明日の朝、かあちゃんが
「また、酔っぱらって帰ってきたやろ」と言ったときに、なにをいう。
ちゃんと風呂に入って寝たぞと、それを言いたいがために
頑張る。はだかにバスタオルであがって、歯をみがこうと
歯ブラシにチューブを搾った、あたりで、事切れた。

よなかに目が覚めると、あたしは台所の板の間の床に、顔を付けて寝ていて
目の前の自分の右手が力なく横たわっており、開いた手から転がり落ちた
歯ブラシが。

転がった軌跡にてんてんと歯磨き粉の白い轍。

あかん、これは人として、だめな種類や。
と思ったのに、あまり、反省の効果なく。
というか、このネタが酒席で笑いを取るいい持ちネタとなって
だめな酔っぱらいはさらに。

S氏B氏と呑んだときには、やたらくだを巻いていたらしい。
だってね。お昼にお芝居見てね。あたしは、夜にもう一個お芝居を
はしごするつもりだったのに、B氏がね。まあまあなんてね。
夜のお芝居までにはまだ時間があるじゃない
とかね。4時くらいから夜中までずっと呑んでんだもん。
いや、人の所為にしてはいけない。しょっちゅうそんな
飲み方してるのあたしだもの。

その日は、家に帰ると、かあちゃんが起きてたんだけど
ぜんぜん覚えて無くて、朝に、なんかかあちゃんが怒ってるから
どうしたん?「だって、おとーさん、あたしが足がつって痛い痛いって
いってるのに、ぎゅーぎゅーもむんだもん。おばーちゃんがびっくりして
大丈夫かといってたで」
あちゃー。「ごめんな、わし酔っぱらってるから、こんなことしかできんで
ごめんな」とあやまりながら、痛がる足をむりやりもんでたらしい。

ほんま、ごめんな。ぜんぜん覚えてない。

というわけで、あたしは、立派な「だめな酔っぱらい」に
完成してしまったのでした。

いや、あかんて。酔っぱらいじゃなくて、労働者にならんと
そう、労働者になって、芝居しい、にならんと。

こんなあたしですが、誰か、こりへん人、役者でつかってください。
練習後の飲み会にはもちろん、せっせと参加します。
くだをまいたらごめんね。

おっとーでした。
| その他 | 14:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ottotakaoka.0100.jp/trackback/1079986
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE