オットー高岡の我流天晴

フリーデザイナーオットー高岡のページ。我流もいつかあっぱれに。
わたしは誠実だろうか
そう問い続けること
希望をもって
<< あの海 | main | ふたねこ >>
でも
先週金曜日
感電本社前のデモに参加してきた。
2000人集まっていたらしい。

オットーです

あたしはあんまり過激な人ではないので
デモとかは、いままで行ったことがなかった。
ちょっとしたきっかけがあったので参加してきたんだけど、
たぶんこれからもちょくちょく行くつもりだ。

このブログであんまり政治的なことは書かないようにしていたんだけど
まあ、デモに参加したんだから、自分の考えくらいはちょろっと書いときます。

デモというと、いきおい、堪忍袋の緒が切れて…って感じになりがちだけど、
我慢に我慢を重ねた末に切れたりすると、取り返しの付かないことになっちゃうから
あんまりよくないと思う。
それに、怒りのエネルギーで盛り上げていると、エネルギーが発散されたら、
しぼんでしまうのではないかと、そっちの方が心配になる。

民主主義の国で、政治活動をするということを、
なにか特別なことのようにしてしまっては、いけないんじゃないか。

だから、あたしは自分の生活に無理の無いように、しかし前向きに
粛々と参加しようと思う。

ごく普通に、資本主義の会社で働いて、終わったら、デモに参加して
デモがおわったら、飲みに行って、みたいなのがいい。
そうして、息長く、活動を続けるのが大事だとおもうし、
出来るだけ多くの人が、意見を主張できるのがいい。

あたしの意見は再稼働反対だから、そっちに参加するけれども
賛成の人は、そっちで声をあげればいい。

全員参加でなければ、成り立たないのが民主主義だろう。

選挙の投票率が、多くて60パーセントとかいうのは、民主主義じゃないと思う。
当選するために60%の半分、30%の得票があればいいのなら、
あたしが政局屋だったら、自分の利権や権力で、30%の票田(わしらは稲か)を耕したら
あとの人がなにを言おうが知ったこっちゃ無い。
むしろ、他の人は選挙にこないでほしい。

政治家があほやとか、投票したい人がいないとかいうけど、
もしかしたら、政局屋が、自分が当選しやすいように、浮動票が投票されないことを
ねらってわざと、みえみえのいいわけとかうそとか言ってんじゃないだろうか。
あほにしか見えないけどバカじゃないんだよきっと、
マーケティングコンサルタントとかついてるしさ。

あたしの死んだ親父が、政治家はええけど政治屋はあかん。といってたけど
今日本には、政局屋しかいないと思う。
こんな状況だけど、最低限の民主主義のルールはあるんだから、
みんなでちゃんと政治に参加すれば、少しずつでもいい方に
世の中を変えていけるはずだと、信じるしかない。

みんなが政治に参加する方法は、選挙しかないと思ってたけど、
あたしたちの生活の中に、デモに参加して声をあげるという行動が
しっかり根付いていけば、それももう一つの政治参加の方法として
定着できるんじゃないか?

北新地から、感電本社前に向かう道で、会社帰りのたくさんの人たちとすれちがった。
あたしなんかと違って、みんな一日しっかり働いて疲れてるんだから
デモのこととか考える暇があったら、早くおうちへ帰りたいだろうなと思う。

でも

もっと気楽にちょっと寄ってみるか的に政治参加出来る空気が出来たら
日本の民主主義にも根っこが生えてくるんじゃないか?
なんて思うのでした。

オットーでした。




| その他 | 22:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ottotakaoka.0100.jp/trackback/1079982
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE