オットー高岡の我流天晴

フリーデザイナーオットー高岡のページ。我流もいつかあっぱれに。
わたしは誠実だろうか
そう問い続けること
希望をもって
<< まいらん | main | だいじょうぶ >>
ドキュメンタリーが好きなのか?!
 っていうのは、あるテクノバンドのリーダーがコンサートで
観客に向かって言ったセリフ……だと、
むかし、同じ会社にいたやつから聞いた。
なんで、とうとつにこんなこと書くかというと
最近、なぜか、ドキュメンタリー映画ばっかし観てるから
ふと、思い出したんです

オットーです

はじめに観たのは、あたしの大好きなジョンレノンの
ニューヨークでの日々を描いた「ジョンレノン・ニューヨーク」
次は、うちの大正まろんのおすすめで「ヒロシマ・ナガサキダウンロード」
先週の日曜日は「ジョージハリソン リビングインザマテリアルワールド」
そして、昨日は、うちのかみさんが突然おもしろいかもってメールしてきたので
行っとこかということで観た「アンダーコントロール」

2本は社会派系であと2本はビートルズ。

ほんとは、ドラマの方が好きなんだけどね。
最近のハリウッド映画とかあまり観る気がしなくって。

「ヒロシマ・ナガサキダウンロード」はかなり強烈でした。
日本で被爆した人が、アメリカで生きている。
その姿をメキシコ(だったかな?)にすんでいる日本人青年が
訪ねてゆくロードムービー。
もう、何十年もたっているから、戦争体験者はどんどん少なくなっていく
彼らの記憶を、若い世代のメモリーにダウンロードするというコンセプトは
とても共感できた。

「アンダーコントロール」は、脱原発を決めたドイツの
原子力発電所のドキュメンタリー。
まえに「いのちの食べ方」という映画も観たんだけど、
たんたんと事実を追っていくスタイルで
「反対」とか「賛成」とか、お気楽に吹き上がるんでなく
事実と映像の力がすごい。
解体されていく原発の絵がめっちゃ美しい。

いちばん、いまいちだったのは、ジョンレノンので、
まあジョンのドキュメンタリーは他にもいい映画がいくつもあるからいいか。
今まで観たこと無いネタが少なかったんだよね。

で、ジョージ。3時間30分の大作!
音楽ドキュメンタリーでは、定評のあるマーチン・スコセッシ監督。
生まれてからビートルズ時代と
それ以後を2部に分けて、もう、じっくりがっつり。
ジョージ・ハリソンという人の生き方や人間性が、本人の音楽とともに描かれていく。

あたしは、いままで、あまりジョージのことは深く知らなかったんだけど
最近年とともに、ジョージの良さがちょっとずつ分かってきたところだったんで
あらためて、ジョージ・ハリソンに出会えて、うれしかった。
これから、ぼちぼち、聞いていこうと思ったのでした。

いやあ、しかし、ジョンやジョージのドキュメンタリーはね。
彼らのことが好きだから、観に行くんだけれども。
そして、やっぱり、いいなあって思って、3時間とかあっという間なんだけど。
で、わかっちゃいるんだけど、最後には、死んじゃうんだよね。
悲しくて悔しい気持ちを再現されてしまうのでした。

ジョージの友人だったエリッククラプトンやエリックアイドルなんかが
つい涙ぐんだりしているのを観ると、ジョージって愛されてたんだなあって
エンドロールの闇のなかで、ジョージの優しくも切ないメロディーを聴きながら
泣けてしまうのでした。

オットーでした

| お芝居映画読書など | 18:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ottotakaoka.0100.jp/trackback/1079970
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE