オットー高岡の我流天晴

フリーデザイナーオットー高岡のページ。我流もいつかあっぱれに。
わたしは誠実だろうか
そう問い続けること
希望をもって
<< あたりまえ | main | あせらん >>
ありがとうございました
 銀の鈴 三重公演が終了しました。
お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

約3ヶ月にわたって、練習してきたお芝居も終わり。

ちょっとづつ、ああでもない、こうでもないと作ってきたものが
いざ、本番になるとあっという間に終わってしまい、
バラしのあとは、もとの何にもない空間が残るのみです。

よかったこと、よくなかったこと、楽しかったこと苦しかったこと。

過ぎ去った後には、何とも言えない、気分だけが残っています。

で、結局、ああ、楽しかったって言ってしまうんです。

見に来てくださった皆様に、あらためて御礼もうしあげます

ありがとうございました。

さあ、生きてゆかなければ。


といいつつ、昨日は、大阪公演でお世話になった細野ビルジング
の「66展」のオープニングがありました

齋藤監督が、コガさんコズエさんと、なんかやるというので
かみさんと見に行きました。

66展はアートや音楽など何でもござれのイベントで、
細野ビルは、上までギャラリーになっています

どうやら、齋藤さんたちは紙芝居の朗読で「隅田川」という
歌舞伎をアレンジしたものをやるということがわかりました。

ところが、コガさんと話しているうちに、
うちのかみさんがスカウトされて台詞を一つ読むことになり、
えらいこっちゃとおもっていたら
あたしも、あとふたり見に来ていた銀の鈴メンバーも
ひとことづつ参加することに…

これは、飲まずにはいられまいということで、
そこにあったワインやらビールやら飲んで
気楽な感じで参加しました。

コガさんがお知り合いの本物の義太夫のかたに
前口上をお願いしたんですが、これが。

めちゃめちゃかっこいい。

とざいとお〜ざ〜い!の声がりんとして響き渡ると
ええ感じにできあがってるコガさんの名調子。

あたしは、客席にすわっていて突然ひとこと参加。

三人のバランスがとてもよかったのでとてもいい感じでした

なんか、まぜてもらって楽しかった。

ベースになる3人がしっかりしているから
その場ののりで、適度にアレンジをくわえて形にしてしまうあたり
さすがとしか言いようがありません。

ライブの乗りをよくわかってるんだろうなあ。

あたしもあんな感じにひょうひょうとやれたらいいなあ。




今週金曜日は、「山の声」
仕事でエマージェンシーでもない限り、見に行くつもりです。

明日かあさって、練習もおじゃましようっと。


オットーでした


| お芝居映画読書など | 21:52 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
「6・6展」もお疲れ様でした。
なんでも泉太夫さんは、次回は三味線を持って参加しますから、ぜひ呼んでほしいとか、えらくノッテきてはります。
その際は、オットーさんも奥さんも、また、突然の「人買い」にかどわかされてください。
| ばんば | 2011/06/09 10:50 PM |
なんか、めっちゃ楽しかったです。ぜひぜひ、次があれば参加したいです。
こんどは、もうちょっとちゃんと役作りをして!
コガさん名調子ですねえ。あの感じなら、路上パフォーマンスができますよ!
また、飲みましょうね。今日はこれから明石行きです。
くじら企画の初の乗りうち、「山の声」です。
| オットー | 2011/06/10 1:27 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ottotakaoka.0100.jp/trackback/1079967
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE