オットー高岡の我流天晴

フリーデザイナーオットー高岡のページ。我流もいつかあっぱれに。
わたしは誠実だろうか
そう問い続けること
希望をもって
<< ありがとう | main | にんげんは >>
ちりぢり
「密会」が終演してから
仕事がバタバタして、
自分の気持ちを整理する余裕がなかった。

オットーです

今回のくじら企画の公演には
自分自身、感じるところが多すぎて
どうにも、落ち着いて感想を
書くことができずにいます

追悼公演第一夜「サラサーテの盤」のときも
いろんな想いに圧倒されたけれど
とにかく、素晴らしいお芝居をみんなが作り上げてくれたことの
幸せ感が一杯で、ちょっとハイになってるくらいの勢いだった。

今度は、あたしの一番好きな「密会」で、
雁さんをはじめ、役者スタッフの渾身のパフォーマンスが素晴らしく、
最高の「密会」であったことの嬉しさや感動や
そして、これが作・演出大竹野正典の最後の「密会」であることの寂しさ、
追悼公演への出演が今回が最後になる役者のみんなへの気持ちとか
あのウイングフィールドが連日満員で、
だけども、心配していた混乱を一つもなく捌いてくれた制作隊長はじめ、
制作チームのがんばりに対する感謝とか、
なによりも、役者と演出助手の両方を掛け持ちで
たぶん、恐ろしい程のプレッシャーを立派に切り抜けた後藤小寿枝に対する賞賛や
これだけ沢山の人間が関わっていながら、
みんなの想いが、ぶれずにやりきれたことに対する驚きや
もう、想いが千々にみだれて、
何とも、自分で整理がつかない。

仕事の待ち時間になると、
誰かの声が聞きたい気持ちで、
くじら企画とか「密会」とかで検索して
いろんな人の感想やツィートを読んでは
一人でガッツポーズしたり、怒ったり泣いたり、

ああもういつも通りのお気楽な文章を書けなくなってしまって
というわけで、
もう、くどいかも知れないけど
そして、もう誰に対してだかわかんなくなってるけど
感謝。
これ以上は、こんな散り散りの気持ちでかけません。

と、書いてきたら、ああ、少しは落ち着いてきたかも。

またもろもろ、ちょっとづつ書いていくつもりではあります

オットーでした

ってこの文章をかいてから、貰ってたコメントを読んで
今わかった。
この時代、この場所に生まれてきたことに感謝!が正解だよ
| くじら企画 | 20:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ottotakaoka.0100.jp/trackback/1079948
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE