オットー高岡の我流天晴

フリーデザイナーオットー高岡のページ。我流もいつかあっぱれに。
わたしは誠実だろうか
そう問い続けること
希望をもって
<< くじら企画「密会」 | main | むすめと >>
けんがく
まだまだ、太陽は力強いけど
秋の雰囲気がただよってきて
風がここちよくなってきましたね

オットーです 

くじら企画の練習を見学してきました。
あたしはやっぱりだめだ!
「密会」には弱い。 練習なのに、泣ける泣ける。

当然練習だから、シーンごとに ぶつぶつ切れるんだけど、
それでも、やっぱりたまらん。 

あこがれの秋月雁さんが 見るたんびに、カワマタの顔になってきてる。
しかも狭い練習部屋。 ほとんど、舞台と同サイズの空間なので
見学してるあたしの真横に、「密会」重要アイテム、赤電話がおいてある 
つまり、役者と同じ舞台の上でお芝居を見ている状態。 
何度も見て知ってるはずなのに、
役者の動きを予想できず、あたしだけ、舞台上を逃げ回りながら観戦。  

一人一人が、だんだん仕上がってきて静かだけど熱い舞台になってきた。 

前回の「サラサーテの盤」は大竹野本人が随筆演劇といったように 
次々に夢の断片のようなシーンがひとつずつキラキラしながら
消えてゆくようなお芝居だったが、
「密会」はシーンがどんどん重なって、どんどん重みを増しながら
ラストに向かってなだれ込むような、
一点集約型の構成だ。 

かなり前のこと、大竹野はどこから芝居を作り始めるのかって聞いたときに
「ラストに見せたい絵が浮かぶ」と云ったことがあった。 
そのたった一つのビジュアルに向かって、 
一つのお芝居が、加速しながら突っ込んでいく感じ。
あたしは、大竹野のもっとも得意としたパターンだと思う。 

真剣で華麗に切り裂くのではなく
がまんに我慢を重ね、ためにためたエネルギーで
棍棒を全力で、ただ一度だけ振り下ろして力つきるような
おろかなほどの正攻法、あかぬけない純朴さが
大竹野芝居の魅力の最たるもののように思う。 

サラサーテの盤の淡々とした大人の味わいとは打って変わって
平均年齢40オーバーのおっさんの肉弾戦
一瞬も集中を切らせない熱いバトルのお芝居だ。 

練習のあとは恒例のコトブキ。
なつかしい、昔はとがっていたけど 今は「丸く」なったタケちゃんが来てたので
お芝居話、昔話にけんけんがくがく たっぷり夜が更けて、みなさん午前様
明日も練習、本番まであと3週間。 
予約も順調に伸びているらしい。

ああ、書いててわくわくしてきた。
この勢いで、マリンちゃんのとってくれた 写真をもとに、
あたしはいよいよ当日パンフレットの制作に入る。 

 うわあ、秒読みだあ

オットーでした

PS. 前回も役者写真を取ってくれて
もちろん女優で今回一杯泣かせてくれる
マリンちゃんの稽古場日記はこちら

| くじら企画 | 14:58 | comments(5) | trackbacks(0) |
コメント
ごぶさたしてます。

オットーさんの、
わくわく感がブログからも、
バンバン伝わってきますよ。

公演が待ち遠しいですね。
僕は、ブログから公演の様子が感じられるので、僕も楽しみにまってまーす。

PS.来月末に、友人の結婚式で、約3年ぶりに大阪にいきます。もし、お時間の都合が合うようでしたら、食事にでもいきませんか?また詳細は、ご連絡します。
| onoda | 2010/10/08 1:34 AM |
ほんとうに、
熱いお芝居なんだよ!

大阪へ来たらぜひ連絡おくれ。
早めにくれたら、なんなら、
これるメンツに連絡しとくから。
| オットー | 2010/10/08 11:16 AM |
11月27〜28日と大阪に行きます。
27日の夜、ご都合がつくようでしたら、
ご飯でもいかがでしょうか?
(ブログのコメント欄にすみません…。)
| onoda | 2010/10/23 4:26 PM |
了解しました。
時間あけとく。
来週くらいに電話で
時間や場所の調整しよう。
| オットー | 2010/10/29 1:09 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/11/02 12:20 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ottotakaoka.0100.jp/trackback/1079943
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE