オットー高岡の我流天晴

フリーデザイナーオットー高岡のページ。我流もいつかあっぱれに。
わたしは誠実だろうか
そう問い続けること
希望をもって
<< われながら | main | こくうぞうやま >>
くじら企画のお願い
大竹野正典追悼三夜連続講演 第二夜 「密会」のご入場に関するお願いです
会場となるウイングフィールドは席数の都合により、
ひと公演あたりのご予約席数は全席自由席の70席限定となります。

予約受付開始:10月1日
http://www5c.biglobe.ne.jp/~kujirak/


大竹野正典追悼公演第二夜「密会」
「むりやり堺筋線演劇祭」参加

ご注意ください
(↓続きを必ずお読みください)
今回の会場、ウイングフィールドはすばらしい空間ですが、席数に限りがあります。ご予約いただける席数は全席自由席の70席限定となります。

特に金曜日は混雑が予想されますので、フリーパス・三公演通しチケットをお持ちの方でも、お席のご予約を強くお勧めいたします。

他の曜日についても、ご予約の方を優先に先着順にてご入場いただくことになります。その際にも開演の10分前までには受付をお済ませくださいますようお願い申し上げます。(開場は開演の20分前です)

その時間を過ぎますとを予約なしでご来場くださった方々のご入場が始まります。場合によっては立ち見、もしくはご入場いただけない事態も発生する可能性がございます。(極力回避できるよう一同努力はいたします)

皆様お忙しい中、ご無理を申しまして大変申し訳ございません。今回の公演に関しましては、どうぞ事前にお席のご予約をお願い致します。

また、足のお悪い方、妊娠中の方など、ご事情のある方はご予約の上、なるべく早めにお越しくださいませ。できるだけの対応をさせていただきます。(受付は開演の一時間前より行っております。)

――ご挨拶に代えて――

下手前に公衆電話。上手奥にバス停とベンチがある。セットはそれだけ。
そこへ男がぼんやりと現れる。手にはスポーツバック。中には柳刃包丁が忍ばせてある。

男はかつて寿司職人であった。

今しも男は公衆電話から電話をかけ、先日の面接結果を聞こうとしている。

追悼公演第二夜「密会」のオープニングであります。

1981年6月17日、午前11時35分ごろ、東京深川の路上で、女子供ばかり6人を殺傷するという通り魔事件が起きました。

大竹野はまず1993年に、「密会」と題してこの事件と、安部公房の「密会」という小説をモチーフにした作品をスペース・ゼロで発表し、「スペース・ゼロ大賞」を受賞します。

そして2003年、ウイングフィールドにおける再演博覧会に「密会」を再演しようとして、まったく新しい台本をおこすことになります。本人曰く、「限りなく新作に近い再演」だそうです。

今回追悼公演として再演されるのは、この新生版「密会」です。

小さな空間に笑いと悲しみが渦巻き、「ペルシャの市場」が響き渡ります。

そしてスペースゼロにて賞を頂いた「密会」旧バージョンは10月30日のみ、ビデオ上映会としてスクリーンに復活します。

大竹野が故人となり、はや一年と二ヶ月が過ぎました。

追悼第一夜「サラサーテの盤」は皆様のご好意により、盛況の中終了することができました。

心から感謝いたしますとともに、本人曰く、「僕の台本の中では一番良くかけたと思う」という新生版「密会」をぜひ、ご覧頂きたく思います。

芝居はライブであります。
くじら企画ではいつの舞台でも、お客様、役者、スタッフをまじえての一期一会であると考えます。
二度とないこの舞台をどうぞお見逃し無く。
                       くじら企画制作 後藤小寿枝
お問合せ先  くじら企画  090-7553-6397
ウイングフィールド 06-6211-8427
劇団HPから、ご予約、お問い合わせ等お伺いしております。 http://www5c.biglobe.ne.jp/~kujirak/

                      くじら企画制作 一同
| くじら企画 | 22:18 | - | - |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE