オットー高岡の我流天晴

フリーデザイナーオットー高岡のページ。我流もいつかあっぱれに。
わたしは誠実だろうか
そう問い続けること
希望をもって
<< あついなつ | main | はたーん >>
だめなおとな
サラサーテの盤が終わったと思ったら密会の稽古。
くじら企画には息抜く暇がないので
あたしのブログもほとんど
くじら企画の広報みたいになっています。
まあ、宣伝美術担当だからしっかり協力しよう

オットーです

昨日、「サラサーテの盤」の精算会&打ち上げが
例によってコトブキで行われました。

その前日には第二夜「密会」の稽古初め
さらに、その前日には第三夜「山の声」の稽古初め

だんだん、えげつない事になってきています

でも、飲む事だけは忘れないのがくじら企画!
コトブキの6畳二間の二階はダメな大人の佃煮状態。
人が増えるたびに大竹野に献杯!
で、どんどんメートルが上がっていく
大竹野、君はお肴になったんだね(笑)

あたしは次の「密会」の主演俳優、あこがれの秋月雁さんと
隣だったのでいろいろおしゃべりしました。
といっても、とっても寡黙でおとなしい方なのでちょっとだけですが。

次回、体力がもつかなあ、なんて心細げにおっしゃってましたが
あたしは前日の読み合わせも聞かせてもらったので
全然大丈夫だと思いつつ、やっぱりこの人
憑依するタイプの役者さんなんだなあとあらためて思いました。

サラサーテの盤をご覧いただいた方は
あの謎のおじいさんを思い出してください
あのイメージはかなり普段の雁さんに近いんですが
「密会」では、豹変します。怖いですよ。

動員数の発表があり、くじら企画新記録!とみんなで盛り上がりましたが
はたと、気づく。
次の「密会」の会場は、今回よりかなり狭いのです。
なので、公演の回数も一回多く設定しているのですが、
同じ数のお客さんが来られると、100人近くあふれてしまいます。
なので、もしこれを読んでいただいたお客さま
ご予約の上、開場前になる早でお越し下さい
自由席なので、早くきた人からご入場になります。
ご注意及びご容赦をお願いします。

なんで、そんなせまい会場でやるんだ、とお怒りのあなたに
ちょっといい訳。
お芝居はライブです。舞台と客席の間に一期一会の空気が生まれます。
作・演出は、その空気を作り上げるのです。
その表現しようとする事にあわせて、もっともいい空気を作り出せる
空間を選ぶのです。
つまり、その空間と作品はしっかり結びついているんです。

ウイングフィールドは、狭いです。
あたしがのんのんさんで立った舞台は手を伸ばせば
照明にあたりそうな気がしました。
でも、だからこそ、濃密な空気が生まれます。
桟敷席はおしりが痛いです。いっぱいになると
身動きもままなりません。
でも、だからこそ、熱い空気がうまれます。
あったかい劇場なのです

大竹野がこのんでウイングフィールドで公演をしたのは
その空気が欲しかったからだと思います。
追悼講演には、欠かせない場所なのです。
さあ、あなたも、ダメな大人の佃煮に参加してください。


ぐだぐだに飲んだら皆さん終電で帰宅。
あたしは庄内の駅で「おとも」を買ったあたりで
記憶がなくなってます。
無事に帰ってきて寝たようで、朝は7時に目覚めました。

昨夜、ダメな大人だった皆さんは今日も朝から会社へ行きます。
勤労芝居人なのです。本番のときも金曜日くらいしか休みません。
そのとき休ませてもらうために、日頃は人一倍働きます。
みんなマジです。めちゃくちゃしんどいです。
でも、飲み会のときとか愚痴なんかいいません。
わかってやってます。馬鹿話をしてぐだぐだに飲んで、
でも、明日も会社に行きます。

今回なんと、史上2回目の大入りギャラが1万円もらえました。
あたしが寄付したカンバッチ代が帰ってきて
寄付にならなかったので、次は愛をこめて
「ダメな大人缶バッチ」を作ろうかな。

オットーでした
| - | 15:07 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
『だめなおとな』って(笑)

そんなことはありませんよ(^^♪
皆さん素敵なカッコイイ大人です(*´ω`*)
自分はそう思います(^^ゞ

サラサーテでは色々とありがとうございました^^
自分はあんまり役に立ってなくてごめんなさいm(__)m

密会もお手伝いに行きます\(゜ロ\)(/ロ゜)/
邪魔にならないようにがんばります!!(゜゜)
| 飛鳥 | 2010/09/12 12:03 PM |
ありがとう。あーちゃんにそう言ってもらうと
おじさんは勇気が出ます。
楽屋や受付であーちゃんやたっくんたちの顔をみると
とっても安心してうれしかったです。
また「密会」で会いましょう!
| オットー | 2010/09/13 1:12 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ottotakaoka.0100.jp/trackback/1077255
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE